スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
不入と扶桑
某宗教団体に入信…
じゃなく、サイトをリンクに追加させて頂きました。
現在僧兵を持っている方やこれから僧兵を作ろうとしている方は参考になると思いますので是非行ってみてください。
(現在僧を育てている人は初期振りについて考え直し、作り直したい衝動に駆られるかもしれませんのでお気を付けを。)

大体このブログを書いているのは寝る前、寝起き、夜中突然起きだして書いている事が多く、ただでさえ文章を書くのが下手なのに、通常以上に文章がアレな事があります。
その辺りは生温かい目で見守っていただければ幸いです。
中身の人の初期振りを知力に2振りなおししたいです。

ってか、急にカウンターが回って驚きのあまりサイト閉鎖も考えてします。
一体誰が見てるんだ。


で、今日の記事。
昨日の記事終わりに「近々、僧で魔龍にいく」と書いていたと思うのですが
その機会が早くも今日訪れました。
珍しい事に大声にこちらが反応してではなく、勧誘されてのボス行きです。

今日の構成は
刀鍛冶、武士、武芸、術忍、雅楽、医術、僧兵。
戦うお坊さん以外は大雷攻略などでも通用するガチ構成ですね。
個人的にはもっと変則徒党の方がスキなんですけどね。
他の6人の方にとっては私のいる辺りがチョット特殊な構成に当たるかもしれません。

使い>魔龍の流れで行ったのですが
今日の徒党も昨日の徒党並みに連携の取れた徒党でサクっと使いを撃破。
魔龍は3戦目で倒す事ができました。

私の動きについては昨日と同様なので省略。
あえて何か書くなら合掌入れ忘れて迷惑をかけたくらい。
僧の皆様。魔龍いく時は必ず合掌論法が入ってるか確認しましょう。
入れ忘れると和やかだった徒党員からも冷たい目で見られます。
モニター越しにもわかります。
ええ。反省してます。


その後はマッタリしていた所で知人から扶桑の森攻略のお誘いが。
(続きは巫女日記になります。)


聞いてみれば、雑魚狩りが終わってあとは攻略するのみの段階なので巫女で来て欲しいと。
こんなおいしい話は滅多にないと早馬をかっ飛ばして摂津和泉に。


構成
鎧鍛冶、武士2、鉄砲鍛冶、古神典、医術、仏門

はじめて扶桑の森に来たのですが、まず感じたのは音楽がカッコイイとか…ではなくラグがひどい。
イザ奥以上のカクカクした動きで軽く3D酔いしました。

雑魚が狩られていてので森内部を楽々移動してまずは森の守護神を撃破。
攻撃がかなり痛く、闘魂持ちの為瀕死状態では
極み重ねてる鍛冶をも1撃で殺すくらいの破壊力がありますが
武士が釣るor鍛冶を極楽ハメすればラクに倒せると思います。
なんてったって、1体ですから。

森の守護神を4体撃破して次は中ボス
国之狭霧神との戦いとなります。
一言で言えば惨敗でした。

攻撃も激しくいたいのですがそれ以上に催眠や痺れなど状態以上系が多いです。
それと術も多め。全体に罰当たりを張るような技能もありました。
キチンと対策を立ててもう一度チャレンジしたいと思います。

ちなみに徒党員に森の守護神を倒した人が1名でもいれば
すぐに国之狭霧神と戦えるみたいですので
(自分は体験していないですが)面倒くさい雑魚狩りはやらなくて良いようです。

それにしても誘ってもらえてよかった!

1230_2

国之狭霧神嬢。
きれいな顔してやることがイヤラシイ。。

1230_2

お供の羊君。
得意技はもちろん「安眠の誘い」(準備つき子守唄)

他にも魔犬や狸や馬(合戦、早馬の使いまわし)などなど
森の動物さん達が勢ぞろい^^
なぜか巫女さんも混ざってましたが。
スポンサーサイト
未分類 | 【2006-12-30(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007-01-02 火 01:16:20 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ランダム妖怪辞典
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。