スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
僧としての僧兵
気がついたら周りの知人は複数キャラで龍隠門をクリアしているようで
みんなが2nd、3rdキャラあたりで行く時にコッソリと入り込んで便乗クリアを狙っていた我が僧兵は少しピンチ。

浅瀬狩りは経験潜在もうまいし、早く龍隠門をクリアしたいんです。

と言うことで、今日は大声で募集していた龍隠門クリア(獏退治)に野良で参加してきました。
身内ならアタッカーをヤラセロ!と言えますが、まだまだ未熟な自分の僧兵では野良でアタッカーをやる勇気がまだありません。
ですので、アタッカーではなく僧としての参加です。
募集時点で僧枠で入ったことだししょうがないですね。

ちなみに、自分はこの僧兵をはじめるまで回復職を経験したことがありませんでした。
長年回復職をやっている方の基本的な常識も自分にはない事があります。
一応僧枠でイザ宮に到達しているので基本的な動きはできているんじゃないかと思ってますが、メイン僧の人と徒党で一緒になる事が少ないので少し不安があります。
(大御所など、これを読んでる僧の方は違ってると思ったらダメ出ししてください。)


今回の構成
鎧鍛冶、武士、武芸、暗殺(サポ)、雅楽、医術、僧兵

今回の実装(9スロ)
回復3、全体回復3、罰当たり4、全体解呪2、菩薩の光明
大往生、極楽浄土、因果応報、英明3

獏神戦では破天の章の技能は入っていません。

今回は攻略というか、自分の僧としてのボス戦の動きを紹介したいと思います。
(殴りを混ぜない基本的な僧の動きとしての僧兵です。)
今回のように盾鍛冶がいる時は開幕は鍛冶に因果応報からはいります。
今の仕様だと車懸の陣などの緑▲なしで敵より先に行動が取れるので最速で因果応報を張ります。
1度目の鎧の極はほぼ確実に通りますが、その後に看破や防御呪霧、金縛りなどがきて2ターン目で極みを重ねられない時にでも因果応報があればある程度ダメージを軽減することができます。
また、開幕から痛い攻撃が全て鍛冶に直撃した場合は極み1枚では瀕死になることがありますが因果応報を張っていれば30%カットできるので、ある程度生命の残っている状態で2回目の極みができる状況を作ることができます。

今回の徒党員の動きとして
薬師さんは開幕鍛冶活身、2T目で鍛冶治療(救護)
巫女さんは開幕薬師さん詠唱付与、2T目で気合い韻、3T目で僧詠唱
となっていました。

薬師が医術の場合は1ターン目に薬師さんが鍛冶さんに抗毒付与をして
巫女さんに詠唱付与をもらえれば2ターン目から2職で回復できるのですがこの辺はみんな考えあっての行動だと思いますので特に口出しはしません。
野良ですし、自分は与えられた情況で最善を尽くすだけです。

自分に詠唱が来るまでに2ターン分のこうどうができるののでこの間に
2T目>鍛冶さん英明
3T目>菩薩の光明
と動いていました。

あとはどのボス戦も一緒ですね。
詠唱をもらったら術持ちの敵の動きを見ながら結界(罰当たり4)を張って全体回復連打でヘイトを上げ。
あとは盾の生命が減ってる場合は他の徒党員の生命が減っていても守護が漏れないようになるべく盾単体したり、メッキしたり、毒投げてみたり。

詠唱付与が切れた時の動きですが自分の優先順位(?)は
徒党員(盾鍛冶)に因果応報>菩薩の光明にしています。

・菩薩の光明について
後光と違い菩薩の光明は無属性呪詛のみ(沈黙、呪縛、小細工無用)ですので
(あってるか自信無し。劣化後光で違う呪詛にも有効なのかな?)
むやみに連発すると言うよりは無属性呪詛がきそうなタイミングの前に入れるようにしています。
きそうなタイミングは…なんとなくです。
でも、「なんとなくきそうだなって」タイミングってあるもんで、
今日何戦かしたボス戦でも3,4回は直前に菩薩を入れることができました。
あと、まぁ沈黙は気合いでレジストしろってことですね。
っと言うか、自分は去年1年ほど引退をしていまして、その間に実装された
「菩薩の光明」と言う技能は最近まであまり使い方がわかってませんでした。
黒雷くらいまでは実装にすら入れてませんでした。
ハズレ僧ですね。
それでも何とかなったんだから使わなくても何とかなるだろうと思ってます。
まぁ、残念ながらハズレ僧ですね。


そんな感じで戦ったところ、運が悪く1敗してしまいましたが2戦目で勝利。
(負けた時は盾2人が同時に痺れたタイミングで旗にいたい攻撃が炸裂)

暗殺さん以外は時間があるということで続けて「魔鬼」も行こうと言うことに。

変わりにサポ武士さんが入り
鎧鍛冶、武士x2(盾、サポ)、武芸、医術、雅楽、僧兵
と言う構成。

個人的には軍学侍を持っていることもあり、武士サポ入りの盾2,5枚徒党は好きではありません。
ですが、勧誘して時間を無駄に使うよりは行きたい知人を誘ったほうが早いと言う事で自分の居た私設の方に来てもらいました。

徒党内の連携が良かった事もあり、3戦目で魔鬼を倒した後は時間もあったのついでに禍神の使いも撃破。


ちなみに不入の2戦は少し実装を変えました。

実装(9スロ)
回復3、全体回復3、罰当たり4、全体解呪2、菩薩の光明
智拳印2、極楽浄土、因果応報、英明3

破天の章技能の智拳印を入れてみました。
本当は「不動慈救」も入れてみたかったのですがスロットが足りない為断念。

智拳印2の効果はうろ覚えでですが↓な感じ。
回復3    通常600 智拳印2使用 1000弱
全体回復3  通常400 智拳印2使用 600
被回復者の魅力などもありますが大体この位だとおもいます。

使いどころは「詠唱付与が切れた付与待ちの時」か「安定して徒党員の生命がある時」でしょうか。
効果は回復版の周天法ですがこちらとは違い、効果が切れたらすぐかけなおしと言う感じでは使えませんね。
ただ、魔鬼戦では狙撃針対策に手があいてたら徒党員に因果応報を配った方が効果的なですし使うタイミングはある程自分で判断することが必要だと思いますが。

薬師(医術)や仏門僧に比べて回復量が確保できない僧兵にとっては、3回の回数制限はありますが前者並の回復量が確保できるので十分使える技能だと思います。
準備なし術を連発された時でも智拳印の効果がある状況では全体回復x3+薬師の全体治療があればかなり回復されます。
やばい時=即大往生では無く、自力の回復でも十分持ち直すことが可能になったのではないでしょうか。

あとはカブキの技能で回復量を上げる技などがあるらしいので、他の職や特化に劣っていた回復量も破天では状況によっては同等程度確保できそうです。

耐久振りの回復に特化特化僧兵なんかもアリかも?
それなら仏門やれば良いですか。そうですか。


今日は野良徒党でしたが楽しみながらボス攻略をすることができました。
最後は知人徒党のような雰囲気だったし当たり徒党でしたね。
魔龍に挑む前に解散となってしまったのが少し残念です。
次の魔龍ですがなんとなく勝てる気でいますので、戦ったらまた報告します。
まぁ近々いってみます。多分また殴らない回復僧兵ですが。

早くメインアタッカーでボス戦が出来るようになりたひ。
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-12-29(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ランダム妖怪辞典
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。